学生がお金を借りたい場合

学生でも飲み会やショッピング、参考書を買いたいなど
何かとお金は必要でありキャッシングを利用することは悪いことではありません。

 

学生ローン

まず18歳以上の学生でアルバイトで収入がある人なら審査に通る可能性は高いです。

 

大手の消費者金融などで学生のためのローンがあるので利用することをおすすめします。

 

学生ローンは上限金額が少ない所がありますが
学生証を提出するだけで申し込むことができ、審査に通過できればお金を借りることができます。

 

審査の際に家やアルバイト先に在籍確認の電話がかかってくることがありますが
担当者は個人名で名乗るのでばれる心配はありません。

 

また18歳以上の学生で収入がない人についても学生ローンを行っているところに一度相談してみるとよいでしょう。

 

ちなみに法律で未成年はキャッシングを利用できないと決められています。

 

しかし結婚している人、親の同意がある人、事業を行っている人などは
利用できる可能性があるため一度問い合わせることをおすすめします。

 

プロミスの増額|収入証明書は審査に必要?

グレーゾーン金利とは

キャッシングを利用する時に「グレーゾーン金利」という言葉を耳にする機会があると思います。

 

キャッシングを利用する時の金利について考える際に
重要な法律は「利息制限法」「出資法」です。

 

グレーゾーン金利

現在では2010年から施行されている「利息制限法」により

金融機関はお金を貸す時には上限金利(15〜20%)を上回る金利で貸し付けてはいけない
と決められており、20%を超えて貸し付けると刑事罰の対象になります。

 

しかし2010年以前には「出資法」で上限金利が29.2%と決められていたため
2つの法律の上限金利の間(20〜29.2%)の間で金利を設定していた金融機関が存在しました。

 

この上限金利20〜29.2%の間を「グレーゾーン金利」といい、もちろん今では廃止されています。

 

このグレーゾーン金利の時にキャッシングを利用して金利を多く支払っている場合
払いすぎた利息を取り戻すための「過払い金返還請求」
行える可能性がありますので弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

 

借りやすい消費者金融紹介!